SEO 比較 > SEOって? > 検索エンジンとSEO

SEOとは

検索エンジンとSEO

日本では、1996年にサービスを始めたディレクトリ型検索エンジンのYahoo!JAPANが人気を集め、検索エンジン首位を独走してきました。

しかし、1997年頃から、WWW(WorldWideWeb)の急速な拡大にともなって、
gooやinfoseekなどのロボット型検索エンジンが人気を集め始めました。
1998年には、米国からGoogleが参入し、2001年にYahoo!JAPANのロボット型検索エンジンに採用されたことにより、急速に人気を集めました。
その後、2003年にgooやinfoseekがGoogleを採用し、急速にシェアを伸ばしました。
2005年には、Yahoo!JAPANもYST(Yahoo!SearchTechnology)に完全に移行し、現在でも日本国内においてはトップシェアを維持しています。

しかしながら、国内シェア2位で世界トップシェアであるGoogleによる急速な追い上げにより、これまで国内シェアトップであったYahoo!JAPANを脅かす状況となっています。

各国の検索エンジン利用状況

このような中、検索エンジンのもつアルゴリズムの分析・研究の動きが促進され、2002年後半からSEO業者の台頭が本格化しました。

このページのトップへ